人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

西田幾多郎

 善の研究を読んで、「なんか二流思想家だな」と思っていたけれど、論文を読むとかなり凄かった。僕にはまだ全然理解できないけど、なんか、勉強すべき人だと感じた。禅や浄土真宗に通底する何かを哲学している気がする。哲学の終局を「宗教」だと言い切っているのもよい。僕にとって哲学とは「スタンプラリー」に過ぎなかったが、西田幾多郎からは何か掴める気がする。
 今年はサルトルとかレヴィナスを読むつもりだったけど、ハイデガーだけで満足してしまったので、西田幾多郎を学ぼうと思う。だから、ブログの紹介欄にある読書計画を変えて、カントやヘーゲルから読もうと思う。