人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

style

 僕は表現が嫌いだと昔から散々言っているけれど、そんな僕に空リプで「表現が嫌いということは、生きるということが嫌いなんですよ」と言われたことがある。当たっていると思う。
 問題なのは「style」だ。どんなstyleで生きるか、どんなstyleで表現をするか。僕はそれは、通底しているものだと思う。文章の内容よりもstyle(文体)にこそ、一番人が出る。言葉よりもstyle(生き方)にこそ、人が出る。

 僕の「美学」は、オナニーをしないこと、売春をしないことだ。言い換えれば、自分に酔わないこと、他人に媚びないことだ。哲学をしている自分に酔わない。美辞麗句を並べて他人に媚びない。僕は自分のブログを一つの表現だと思っているけれど、できるだけ、オナニーと売春は避けているつもりだ(そこは読者の判断に任せるしかないけれど)。

 名は体を表すというが、文体のほうがその人の「スタイル」を表していると思う。やはりナルシスティックな人はナルシスティックな文体だし、目立ちたがり屋の文章は目立ちたがっている。
 沈黙が一番いいのが勿論だけれど、自分の美学も磨いていこう。