人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

高尚なこと=無駄なこと

 クジャクのオスの羽が長くてきれいな理由は、「無駄な飾りを持っているのに、生き残っている個体だから、生殖したい」とメスが思うかららしい。僕が思いつくぐらいだから、みんな思いついてるかもしれないけど、高尚なことって全部無駄なことなんじゃないか?

 一番「高尚」である宗教は、狩猟民族が農耕民族になって、「財」を蓄えるようになってから始まる。「何もしなくてもいい階級」というのが表れて、それが「聖職者階級」になる。その「何もしなくていい階級」に、「何かしなきゃいけない階級」が、貢物をしたりする。「何もしなくていい階級」は、「何のためにもならない」祈りや、生贄をしたりする。何にもならないから、尊い。(インドのバラモン教を念頭に置いている)

 高尚っぽいもので言えば、哲学や文学も高尚っぽい。それは「何にもならないから」じゃないか?逆に言えば、「高尚」という雰囲気を醸し出さなければ、生き残れないからじゃないか。

 ブランド品だってそうだ。ブランド品は無駄だ。無駄だから高級だ。

 「無駄」だから、「高尚」な振りをしなきゃいけない。その伝統が積み重なって、本当に高尚であるという錯覚が生まれる。プロレタリアートが「俺は偉い」と言ってるのは見たことがないけど、哲学かぶれの青年が人を見下しているのはよく見る。高尚だから無駄なのか、無駄だから高尚なのかわからないけれど、無駄なのは無駄だ。