人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

表現の誠実さについて 

 ヒップホップ文化では「リアル/フェイク」ということがやかましく言われる。結構ニュアンスで言ってるっぽいけれど、僕は表現にもリアルとフェイクはあると思う。

 表現というのは、基本的に「フェイク」だ。「自分の作品を他人に見せる」という行為は、厭らしいに決まっている。「ほめられたい」「金が欲しい」「いさおしが欲しい」
 だから、表現をするには、表現について、「否定」をしなければならない。僕は、作品などよりも、作者の生き方のほうを重視してしまう。「自分のオナニーを他人に晒して褒めてもらう」という行為を、どういうウルトラCで「誠実」にまで持っていくのか?

 一つは、「詠み人知らず」である。「名前」を否定する。誠実らしい。
 一つは、他者について、書く。言行録である。誠実らしい。
 一つは、超越者について書く。自我の否定。何かを讃嘆するのは「厭らしく」ない。
 一つは、生前に発表しない。カフカや宮沢賢治だ。
 一つは、筆を折ることだ。アルチュールランボーだ。
 一つは、自我を否定した作品を作ることだ。松尾芭蕉だ。
 一つは、純粋な表現欲で作品を作ることだ。アウトサイダーアート。
 一つは、作品を発表しないことだ。僕はこの種の人が、歴史に何人も埋もれているという希望を持っている。

 ストレートに「表現」をするのは、誠実ではない。どこかに「否定」の契機がないと、フェイク野郎になる。