人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

ツァラトゥストラかく語りき 虚栄心

 わたしの第二の処世術はこうだ。誇り高い人よりも、虚栄心がつよい人のほうを大事にする。
 傷つけられた虚栄心はあらゆる悲劇の母ではなかろうか。だが誇りが傷つけられるならば、そこに誇りよりも良い何かが生まれいずるだろう。
 生が楽しい見ものであるためには、その劇がうまく演じられなくてはならない。だがそのためにはよい俳優が必要だ。
 すべての虚栄心がつよい人間が、よい俳優であることに気づかされた。彼らは演じ、そして見物人がよろこんでくれることを望む———彼らの意志は余すところなくこの意志の下にある。
 彼らは舞台にあがってかりそめの自分を演ずる。わたしは彼らのそばにいて、その人生を見物することを望む。————憂鬱が癒されるから。
 だから虚栄心がつよい人々を大事にする。彼らはわが憂鬱を治す医者であり、わたしが一つの演劇に引き付けられるように、わたしを人の世にかたくつなぎとめてくれる、
 彼は自信を諸君から得たいと思っている。君たちの視線を食べて生きている。君たちの手から賞賛をもらってむさぼり食う。
 その耳にこころよい嘘をつけば、でたらめでも諸君を信じる。こころの奥底でこうため息をついているから。「このわたしが何だろう。」———————処世術について

 ニーチェを読むとハッとさせられる文章に出会うことがある。ニーチェ自身は勿論、こういう虚栄心の強い「俳優」などという薄っぺらな人間ではなく、「仮面」を被った深い精神、つまりこじらせているのだけれど、ここでは他人の「虚栄心」を憎むのではなく、演劇として楽しめ、と言っている。ニーチェは勿論、虚栄心をそのまま直情的にぶちまけるような、そんな浅い精神ではないが、ここでは「処世術」として語っている。
 僕個人は、自分の虚栄心の許せなさ、から他人が無反省に虚栄心丸出しで、ネットやテレビで「でしゃばっている」のが本当に許せなかったんだけれど、この処世術は、かなり僕に有効そうだ。自分の中で「僕は自分の虚栄心に潔白で、それを抑えに抑えているのに、動物みたいに虚栄心丸出しの人間がずるい」という気持ちが根深く生えているんだけれど、これからは彼らを「俳優」だと見よう。ツイッターで有名人になろうとしている/なっている、虚栄心丸出しの君たち、ツイッターで小難しいことを言っている衒学趣味の人たち、絶望から詩に逃げたお前、絶望から歌に逃げたお前、自撮り依存のお前、は全員、大衆の視線を食べながら生きていて、心の奥底では「このわたしが何だろう」と思っている。他者の視線に支えられた自己など幻想にすぎない。
 ニーチェの格率は「汝は汝のあるところのものとなれ」だが、それは虚栄心に踊らされている「俳優」には無理な相談だろう。僕は人間が己自身になるのは「無限者の視線」に照らされて即自化したときだと思うけれど、神を殺したニーチェは己自身になれたんだろうか。

 なんにしても、いい言葉に出会った。虚栄心丸出しで舞台に上がっている人を、憎む必要はない。彼らは人の視線を食べている役者だ。演劇を楽しめばいい。僕みたいな人にはよく効く「処世術」だと思う。

 父親の兄貴、つまりおじさんと2人きりで一度だけドライブしたことがあるんだけれど、別れ際に「まっすぐ見ろよ。裏とか考えてたらキリがないから。言葉をまっすぐ見ろ」と言われたことがある。僕とほとんど交流のないおじさんだけれど、僕のような精神構造を持っていたのだと思う。そしてそれを「処世術」にしていたのだろう。僕は「処世術」にはしたいけどやっぱり人間の「裏」を「憎む」ことはなしに(できれば楽しんで)、凝視し続けることは、したい。