人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

懐疑

 懐疑主義は、負けることがない。全ては「疑う」ことができる。「疑う」とは「上に立って」「評価」することだ。現代人にクリシュナムルティという宗教家がウケているのも、この辺の事情であると思う。クリシュナムルティは、「私は何も信じない」という本を出しているように、何かを信じろとは言わない。ただひたすら疑って、自分の思考や感覚を「見ろ」と言っている。非常に現代のインテリに受けそうな教説である。
 懐疑主義はもともと、明朗に生きるための方法だった。ピュロンという人が懐疑主義を創始したが、ピュロンという人は、何事においても「判断停止」をして、安らかな人生を送ったらしい。古代人にとって、「疑う」とは「判断停止」することであって、要は「確実なことなんか何もないということだけは確実なのだから、判断を停止して生きよう」という格率だった。

 現代人の懐疑は違う。現代人の懐疑は、そのまま「寄る辺なさ」に直結している。仏教の中の6煩悩に「疑」があるように、本来「疑」というのは「つらい」。テーラワーダ仏教によると、修行によって、預流果という境地まで達すれば、「疑」という煩悩は消えるらしい。つまり、「お釈迦様はそういうてるけど、ほんまにこんな修行しててええんかなあ」という思いが消えるらしい。これはクリシュナムルティと同じように、修行や観察といった「経験」に立脚して「疑」を消す方法だ。僕はこの境地がめちゃくちゃ羨ましい。100%「疑」のない境地。地に足がついている。根っこがある。

 信仰は、全く別のアプローチをする。経験や理性というものを頼らずに、直接「疑」をなくす。信仰が深まってくると、もはや「浄土」のほうが「現実」に思えてきて、娑婆世界は「夢」のように思えるようになる人も多いらしい。浄土という根っこがある人は、幸せだ。

 僕は、現代人の懐疑は不幸であると思う。100%信じられるもの。フロイトなどが証明したように、「自分」というのも信じられたものではない。「懐疑」がなくなった人生は、安らかだ。君たちはどうやって懐疑をなくすか。