人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

生命 思想

 ニーチェの侵しがたい真理に思われるところは、全ての思想の根本に「生命」を置いたところだ。僕たちは生きている限り「生命」を持っているので、「生命」を反駁することはできない。ニーチェを論破できるのは、「死者」だけではないのか?
 あらゆる哲学者は弁護士であり、その弁護する真理というのは、「生命」によって見いだされた「道徳」である。反出生主義者の生命の真理というものもあるし、フェミニストの生命の真理というのもあるし、論理実証主義者の生命の真理というのもある。「生きる」ために「真理」をねつ造する。

 だから、「真理」ではなく「真如」をつかみ取る必要がある。「思想」ではなく、「生命」を掴む必要がある。ニーチェは多元論なので、掴み取る生命などないというだろうが、大乗仏教は一元論である。僕も生命は一元的なものであると思う(思う、と書いている時点で「思想」なのか?)。「生命」という根っこから、「主義」という幹が育ち、「思想」という花が開く。一番の根っこの根っこ。命の命はなんなのか?それは「南無阿弥陀仏」である。