人生入門

生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 短歌も書いてますhttps://www.utayom.in/users/9552哲学書読書計画今まで読んだものプラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー今年と来年中に読むものハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン再来年中に読むものイタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース
生と死の問題を解決して人生の門に入る方法を探る記録です 

短歌も書いてます
https://www.utayom.in/users/9552

哲学書読書計画
今まで読んだもの
プラトン アリストテレス エピクテトス デカルト ロック バークリー ヒューム スピノザ ラカン ニーチェ パスカル キルケゴール ショーペンハウアー

今年と来年中に読むもの
ハイデガー 西田幾多郎 カント フィヒテ シェリング ヘーゲル ショーペンハウアー ニーチェ バタイユ ベルクソン

再来年中に読むもの
イタリア現代思想 アドルノ メルロ・ポンティ サルトル レヴィナス ヤスパース

主人公

 ネットで、若い人に宗教をやりたくない理由を聞くと、「お金をとられそうだから」とか「神とか仏とかいなさそうだから」と返ってくるけど、根底に「自分の人生を自分が主人公で生きられなくなりそうだから」という感覚があることに気づく。俺の人生は俺の人生であって、神の僕なんぞにはなりたくない、という意志が感じられる。実際に、「浄土真宗の主人公は、凡夫を救う阿弥陀仏であって、自分ではない」という趣旨のことを話したら「じゃあ僕むりだわ」と言われたこともある。
 全然読んだことないんだけれど、チャールズ・テイラーという人によると、そういう近代的ナルシズムはカントの判断力批判から始まって、フーコーあたりまで続くらしい。哲学的なことはよくわからんけれど、「自分の人生の主人公は自分」というのがなんの根拠もないイデオロギーだということは分かる。なぜなら相対的だから。「主君のために討ち死にする武士」「亭主のために尽くす妻」「国のために死ぬ兵士」「神のために殉死する聖者」など、この「身体」や「人生」を、「他者」のために使っている時代や、文化がいくつもある。僕はいきすぎた個人主義には反対である。この国家や神といった「他者」から、解放される「自由」への物語が、近代の喜ばしい成果だと言われているけれど、弊害もかなり見られる。
 この「自分の人生の主人公は自分」というイデオロギーのせいで、苦しんでいる人を何人も見てきた。「俺はこんな場所にいるべき人間じゃないのに」「自分が世界の中心なのにこんな不細工ありえない」「俺には才能がある、俺は天才だ→失敗→メンヘラ化」
 主人公は誰なのか?多分、僕は主人公ではないと思う。昔はそう思ってた時期もあった。けれど、僕には音楽の才能もないし、文章の才能もないし、商才もないし、なにもできないので、無能は無能らしく、人には極力迷惑をかけず、エピクロスが言った「静かに生きよ」を実行している。世界の中心にいる人なんて、だれ一人おらず、みんなモブキャラなのだと思う。メンヘラのバカでかい要因の一つの「自己肯定感の低さ」は、ナルシシズムの裏返しだ。「私は世界の中心のはずなのに、不細工だし、運命の人から捨てられるし、何も上手くいかない」
 世界の中心は、自分ではない。誰でもない。
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ[#「朿ヲ」はママ]負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩